サンタクロースの役割を担うこと

まんまりえ’s Room
この記事は約4分で読めます。

今日はクリスマスイブですね。

皆さん、お子さんのクリスマスプレゼントの準備は万端ですか?

我が家の長男Ocean(1歳7か月)へのプレゼントは傘と長靴です。

いつもMoon(4才10か月)の傘を手にして離さない彼に、一番喜ぶだろうものを考えました。

MoonとSun(8才3か月)のプレゼントリクエストは「ひきずるドレス」!!だそうです。

1か月ほど前はSunはキックボードや一輪車にしようかな~

Moonはレゴがいい!とか言っていたのに、

アナと雪の女王2が公開されて、お友達が見に行ってきた~とかいう話を聞いていた影響か、

映画館に行っていないけれど、お姫様ごっこブーム再来。

今あるドレスでは飽き足らなくなり、ロングドレスをご所望の二人。

PayPayモールで注文したのが1週間ほど前のことでした。

しかし、海外輸入品だったのか発送連絡がきたのが21日。

荷物番号から問い合わせると22日の15時ころには大阪のりんくう営業所で集荷された模様。

でも24日午前中現在まだ届いてないのです(´;ω;`)

今日中に間に合うことを祈りつつ・・・。

もっと早く手配しとけばこの焦り感はなかったな・・・(;´Д`)(;´Д`)

でも今回のように直前で変更してくることを考えると、早すぎるのも考え物です。

毎年、このイベントにはドキドキさせられます。

宅急便が届くと、玄関で開封する子ども達ですから、秘密の届け物の受け渡し方法も困りますしね。

今回は「パパの職場で使うものが届くから、開封しないで保管!」と言ってあります。

どんな段ボールで届くか、これもドキドキ(;´Д`)

MoonとSunが帰宅前に届きますように・・・。

サンタクロースをやる?やらない?

我が家のサンタクロース事情を長々とお話しましたが、そもそもやらない、というご家庭もあるかと思います。

スポンサーリンク

私自身の記憶だと小学校低学年くらいの時に、押し入れに隠されたプレゼントを発見してしまったことがあり、親がやってくれていることに気が付きました。

そもそも、クリスマス前になると新聞広告でおもちゃのチラシが来ますが、父と母が

「我が家のサンタさんは5000円以内のプレゼントしかくれないからね、その中で選びなさい」と言っていることからも「ん?」と思っていたのです。

で、高学年になる頃には11月後半くらいから、欲しいものをさぐりを入れてくる両親にシラケた思いをしてしまってた記憶があります。

そんなことから、自分の子どもにはサンタクロースの存在をどう伝えるか悩んでいました。

でも、子育ち理論で答えをもらいました。

子育ち的サンタクロースの存在

母親から積極的にサンタクロースの存在を教える必要はありません。

子に対する基本姿勢は一貫して「受け止める」ということです。

幼稚園などに入るとクリスマスの時期にはほぼ必ずと言っていいほどサンタクロースの話題がのぼります。

我が家のSunが年少さんの時にお友達からサンタさんの話を聞いてきました。

「サンタさんっているの?」と言ったら

「サンタさんっているのかな~」と返しました。

「サンタさんて、クリスマスに子どもにプレゼントくれるんだって!Sunにも来るかなぁ」と言っていたことから、準備をすることにしました。

義父母がその話を聞いて、Sunにと選んでくれたシルバニアファミリーのおもちゃを、夜中に枕元に置きました。

目覚めて、初めて枕元にプレゼントを置いてあったときのビックリした顔は忘れられません。

こんな流れで我が家には毎年サンタさんが来ることになりました。

しかし、これを高学年までずっと続けるわけにはいきません。

9.5才~10才の社会を知っていく父親の存在が大事になる年代になってきたら

ファンタジーの世界には、もう住んではいられないということ。
を伝えることが重要になります。
 
サンタクロースは親がやっていたこと、
今度はあなたが小さな子に対してサンタクロースの役目を果たしていくんだよ。
 
と話します。
こうすると小さな子の「夢・ファンタジー」に付き合ってあげられる子になるので、優しくて強い人になっていくそうです。
嘘とわかっていて付き合ってあげられる。自分も嘘(物語の変換)を経験しているからこそ、出来うることだ、ということです。

このように遠藤さんはおっしゃいました。

私が高学年になってシラケてしまったことを回避する回答をもらい、本当に良かったなぁと思ったのでした。

Sunは現在8才3か月です。

彼女にサンタクロースが来るのもあと1回と思うとちょっぴり名残惜しいです。

このことを伝えるのは、Sunが小3の終わりにしようと思案中です(#^^#)

コメント

タイトルとURLをコピーしました