どんぐり教育研究会の指導者養成コース受講を決めました

まんまりえり’s Room
この記事は約3分で読めます。

三連休最終日だった一昨日のこと、私は新たな講座に申し込みました。

それはSunが5歳5か月(年中さんの1月)から取り組んでいる本物の思考力を鍛えるための、

「どんぐり倶楽部」という絵で解く算数の「指導者養成講座」です。

初めて1年半くらいは毎週土日はSunの隣で高学年問題に取り組んでいましたが、何しろ絵で解くって難しいんですね><;

ついつい立式して…って省エネになっちゃうけど、絵で書けないってことはイメージできていない=落とし込んで理解できていない、ということ。

私自身かつて、小学校2年生の「倍」の概念をなかなか獲得できず、丸暗記に走ってしまったタイプ。

糸山先生に言わせると「マリオネット症候群」ってやつです。

糸山先生のPILOTという指導者コースで理論は学んでいるけど、自分で解く問題に自信がないんですね。

次女のMoonも現在4歳9か月。
どんぐりスタートまであと3か月に迫ってきています。

このタイミングでちゃんと添削を受けて、問題そのものの仕組みと指導要領で求められていることの洗い出しなど把握したかったんです。

指導者養成コース、というのはどんぐり倶楽部本体とは別団体です。

どんぐり教育研究会」という糸山先生の一番弟子の方が運営していらっしゃる団体です。

今回は年長さん~3年生まで4単位受講を決めました。

2月にMoonとどんぐりを始めるまで、あと3か月。

400問を約90日でこなします。一日最低4問解けばクリアできます。
昨日は初日なので頑張って0MX00~21まで22問解きました。

2月には教員免許更新のための30時間の講義があります。
期限が決まっていた方が燃えるのが私のタイプ。

私は動物占いは猿キャラ。

スポンサーリンク

短気決戦が得意なので、きっとデキます!
(と自分にハッパをかける)

指導者養成コースを4単位以上受けると、リーダーとして認定されて準拠教室も開けるとか。

4月からOceanを保育園に預けることを決めました。

我が自治体では第3子は保育料無料で預かってくれるというありがたい制度があります。
月額200円のPTA会費だけで預けられるんだったら使わない手はない!ということで決心しました。

やんちゃだけど可愛い…ずっとこの手を離したくない…

って子離れできなそうな私。

子どもは必ず手を離さなければいけない時期がきます。
その時のために、自分の道を追究しておくのも「ママ道」には必須なんですね。

時間とお金と労力と、持てるエネルギーをやりくりして取り組みます。

今月中に新居が完成して12月3日には引っ越しも控えており、バタバタしていますが、
忙しいくらいがちょうどいいんです。

暇になるとエネルギー持て余す→「不安」をわざわざ作り出しては莫大なエネルギー浪費を起こします💦

私のココロが熱くなるのはどうも「子どもの教育」分野らしいのです。

自分の子どもももちろんだけど、関わる全ての子どもたちの未来が自分の個性を活かして、日本の未来を背負って立つような子になってほしい・・・

それには今の学校のシステムでは到底難しい、と感じます。

子育ち理論+どんぐりメソッド+エネルギーの法則で、日本の未来を背負える人材を育てられるような仕事がしたいんです。

それが私の道になるように、日々模索していきますよ~!

コメント

タイトルとURLをコピーしました