子どものやる気をアップさせる朝の過ごし方

子育てノウハウ
この記事は約7分で読めます。
MammaRieri
MammaRieri

私、今朝やっちゃいました。Sunのやる気をダダ下がりにさせてしまったんです。

 6月7日(金)私の住む東海地方でも梅雨入りした模様で、朝からどんより・・・朝日のない暗い朝でした。
 そして一週間のしめくくりでもある金曜日。
子ども達も今日一日頑張れば明日は休みだ・・・とあと一日頑張るやる気が必要な朝です。
子どもにとって、朝どんなスタートが切れるかは一日の始まりのママの関わり方にかかっているのです。

 それなのに私は、あることでSun(小2)のやる気をダダ下がりにさせてしまいました。
そして途中でハッと気が付いてやる気を回復させました!
忙しい朝でもごく簡単なことに気を付ければ、子どものやる気スイッチは簡単にONになりますよ♪ 

スポンサーリンク

私のやらかし

 初心者ブロガーとして、毎日記事更新を自分に課している現在の私。
昨日は、子ども達を寝かしつけて1時間程度の仮眠をとるところ、起きたのは3時間後(; ・`д・´)!
PCに向かいブログをやっと書き始めたのは0時を過ぎていました。そこから記事を書きあげて投稿し、その日の作業報告を師匠にし終わったのは、朝方4時でした。

 私の朝は5時半起床を目標にしています。30分程度身支度を整えたり、部屋の片づけをして、6時からのお弁当作りに備えます。
 さすがに4時に寝ているので5時半には起きられず、起きたのは6時近くでした。そこから慌ててご飯を炊いたり、顔を洗ったりしたのです。

 6時15分ごろ、作業報告をした件で師匠から連絡がありました。
「投稿記事に広告表示されていませんよ?」と。
慌てて確認しているところにSunやMoonが起きてきました。
 
 いつもだったら「おはよう」のハグをするところですが、スマホとにらめっこして慌てている私にそんな余裕はなく、「おはよ~」とぞんざいな挨拶をしてしまいました。

 そんな様子の私にSunは

Sun
Sun

今日のね、ぐんぐん(英語活動のこと)で♪や~おやの おみせに ならんだ し~なもの みてごらん♪ってやるんだよぉ。

と話しかけてきました。私は、そこでスマホから目を離し

MammaRieri
MammaRieri

そうなんだねぇ。

と返したのですが、そこに気持ちは乗っておらず、明らかに聞き流した感のある返事。
それから、Sunはまだ寝ている夫に向かって

Sun
Sun

パパ~!いつまで寝てるの?もう6時40分過ぎてるよ?

と、嘘の声掛けをしていました。
時間をみると6:25分?!
いつもならお弁当も作り終わって、朝ご飯の準備にとりかかっているのにまだ何の準備もできていない!と私は、そこでやっと作業を中断させたのです。

Sunのやる気がダダ下がり状態に・・・

バタバタとお弁当作りに取り掛かる私。
するとダイニングテーブルでいざこざが始まりました。
Moonの幼稚園の絵本貸出カードをSunが取り出して書き込みをしようとしています。
Moonは「ママに書いてもらうの!ねぇねが勝手に書く~」と半べそ。

私はお弁当作りの手を止めずに

MammaRieri
MammaRieri

嫌がっていることは止めて下さい。

と言います。

Sun
Sun

ふん!も~、分かったよ、消せばいいんでしょ?

とプリプリしているSunでしたが、絵本貸出カードの書き込みを消して元に戻しました。それでもドシドシと足を踏み鳴らし、イライラしている様子のSun。
私はいつも通り

MammaRieri
MammaRieri

Sun,納豆混ぜてくださ~い

と朝ご飯の指示を出します。

しかし、Sunはそんな呼びかけにも何の反応もせずに、最近のお気に入りの本「すみれちゃん」シリーズの本を読み始めました。

 私はもう一度Sunに指示をしますが、返事はありません。

そこで、私は原因を探りました。
そして、朝いつも通りにハグして起きた彼女を迎えなかったこと・話しかけてきたのにちゃんと聞かなかったことに思い至り、やる気ダダ下がりの原因はそこにある、と気づいたのです。

反省、即改善!

私は、朝ご飯の支度の手をとめて彼女の傍らに行きました。

MammaRieri
MammaRieri

今日♪や~おやのお店にならんだ♪ってやるんだよね?

Sun
Sun

ん?

本から目を離さないまま返事をするSun。

MammaRieri
MammaRieri

ごめんね、ママちゃんとお話きいてなかったよね。

こう謝り、ハグしました。
Sunは泣き笑いのようなフクザツな表情を浮かべたのでした。

それからはいつものように食卓について、朝ご飯が始まりました。
Sunは食事をしながら徐々に気持ちを立て直していった様子でした。
食事が終わるといつもは私が、夫と自分の分のコーヒーを準備しますが

Sun
Sun

Sunがやるから。

と、コーヒーサーバーを準備し、コーヒーの粉を入れ、沸騰したお湯を注いでコーヒーを作ってくれました。

Sun
Sun

ママも牛乳入れていいんだよね?

と、コップになみなみと注いで準備してくれたのです。
それからはいつも通りに、準備を整えて傘を持ち、7時35分には梅雨空の雨のなか学校に元気に向かったわけです。

スポンサーリンク

分析

 まずは、朝いつものようにハグでおはようの挨拶をしなかったところで、やる気レベルは100%から60%くらいに大きく下がってしまいましたね。

 そして、Sunは下がった分のやる気レベルを自分に興味を持ってもらうべく、今日学校であることを私が興味を持てるように水をむけました。
 しかし、私は聞き流してしまったのです。
もうやる気レベルは回復どころか一気に0%です(@_@。

0%になってしまったやる気レベル・・・もう少しでもいいから回復したいとMoonが嫌がることをして私の関心を強硬手段にでたのですね。

 やってはみたものの、回復しなかったやる気レベル。
もう私からチャージするのを諦めたSunは自分自身で何とか回復しようとします。
それが、大好きな本の世界に浸る、という仮想空間に救いを求めたのです。

余談になりますが、私自身昔から本が大好きでしたので、本好きになって欲しいとSunが生まれてから早期教育にはまっていたころ、絵本をたくさん集めました。
一時期は400冊くらいは集めたでしょうか。

しかしこの本に出会って、「どんぐり倶楽部」というものを知ってから考えが変わりました。


 

どんぐり理論では「エネルギーの少ない子は本という仮想空間に逃げ込む」と言います。
本の読み過ぎは毒にすらなる、という衝撃の事実を知り、子ども達が特に好むものを厳選して200冊程度まで半減させた過去があります。

この理論から言っても、Sunはこのときマイナスレベルまで下がってしまったやる気を、絵本の世界に浸ることで回復を図っていることに気付いたのです。

 やってしまったことは取り返せないので、反省1秒、即改善です。
早速私の行為を振り返って謝り、気持ちをハグするという態度で示しました。
 そしてやっとやる気レベルは回復に向かったのでした。
ご飯を食べることによって、やる気タンクも満タン+αになった彼女は、そのα分のやる気でコーヒーを準備してくれたのですね(*´▽`*)

まとめ

以上のように、朝は一日の活力をチャージする大切な時間です。
Sunはいつも帰ってくると、授業でこんなことを習ったんだよ、と先生の言ったことをリピートして話してくれます。

 今日印象に残った授業は例の英語活動だったようで

Sun
Sun

ママ~、Eggplantって知ってる?!Eggは卵、plantは植物って意味。だからね、なすなんだよ?!

と毎日何かしらのアウトプットをしてくれます。
これは、「聞く姿勢」が育っていってる証拠でもありますよね。
いかに学校で高いパフォーマンスを発揮できるかは、朝のやる気レベルに左右されます。

 そのエネルギーはママからチャージされていることを如実に表していることが分かったのが、今朝の出来事でした。
 そして、それは難しいことはありません。

きちんと「受け止めようとする」こと。これに尽きますね。
それは朝起きた時ハグで迎えることだったり、言ったことにきちんとマネで返すことだったりして、「今日も見ているよ」というメッセージを態度で送り続ける事です。

それだけで、子どものやる気スイッチはONになり、やる気タンクは満タンで出発していけるのです。

 いかがでしたでしょうか?
働く忙しいママでも、これならできそうではないでしょうか?
お試しいただければ幸いです☆

スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました